カメリアのカービングキャンドル 2                        
         (ナチュラルカラー)


                                 

  

<スポンサードリンク>



 サラダ油を使った簡単なカービングキャンドルの作り方と

 かわいいカメリアの花とちょうちょのカービングのやり方です。

 スーパーで手に入る材料でできるカービングキャンドル。 

     

           【用意するもの・材料】

  

 ・ローソク 15cm(3号)の長さの物を1本。

  <芯も使用するので、短いローソクだと芯が細く炎が小さくなって

 しまうので、長めのローソクがおすすめです。お仏壇用など、白い

 普通のローソクでOKです。〉

 ・サラダ油 45ml (大さじ3)

 ・油処理剤(固化剤) 15g 

   ・・・・使い終わった天ぷら油を固めて処理するもの。

   (写真のは「固めるテンプル」です。)

 ・クレヨン(油性) 

  <水性クレヨンはワックス(油)に溶けないので使えません。

  市販のクレヨンはメーカーによって原料がさまざまなので、

  濃い色にしたい場合は、良質なオイルパステルやキャンドル染料を

  使ってください。>

 ・エッセンシャルオイル(香料)

  

       

   

   
     


           【用意するもの・用具】

  

 ・ステンレスの小さいボウル

  <底が平らな方がボウルが温まりやすいと思います。

   これは、ダイソーで購入しました。〉

 ・ホットプレートかIHクッキングヒーター

  <または、ボウルが入る大きさの鍋で湯煎することもできます。〉

  <※IHクッキングヒーターを使用する場合、ボウルは電磁調理器可の

   ものを使ってください。>

 ・シリコンカップ

  <開いている部分の直径が約7cmで底の直径が約4.5cm、

  高さが約3cmのカップを使用しました。>

 ・スプーン

 ・ティッシュペーパーやペーパータオル

  


 

 

 


           【用意するもの・カービング用具】

  

 ・カービングナイフ

  <ロウが付くので食べ物のカービング用とは別のカービングナイフが

   あった方がいいかもしれません)。

 ・目打ち

 ・お花か蝶々のクッキー型(無くてもOK)

 ・小皿(または平らなキャンドルホルダー)   

<スポンサードリンク>

       

  【作り方・彫り方動画 】   

この動画の10:15〜からです。 

      

  チャンネル登録

   

    
 

      カービングキャンドルの作り方


  @ローソクを割って、パラフィンと芯に分けます。

 Aサラダ油45mlと油処理剤15gをボウルに入れ、ボウルをホットプレートや

   IHクッキングヒーターにのせ低温〜中温で温めて溶かします。

  (※油は発火の恐れがあるので、絶対に高温で加熱しないでください。)

  ※湯煎でも油処理剤を溶かすことができます。直火は発火の恐れが

  あるので直接ボウルを火にかけないでください)

 Bパラフィン3gもボウルに入れ、低温〜中温で温めて溶かします。

 Cクレヨンをごく少量削って入れて、よく溶かします。

 Dボウルをホットプレートからおろし、ワックスを少しだけ冷まして

  香料を数滴入れてかき混ぜます。(香を保つために温度が低い方が

  いいのですが、冷まし過ぎるとワックスが固まり始めてしまいます。)

 Eシリコンカップにワックスを注ぎます。

 Fそのまま室温で12時間以上置いてください。

  (※1時間くらいで見た目はだいたい固まるのですが、しっかり固まって

    彫りやすくなるには半日くらい置いたほうがいいです。)

  ※詳しいやり方は上の動画をごらんください。

  ※ボウルやスプーンなど使ったあとは、ティッシュやペーパータオル

    などでボウルが温かいうち(または再加熱して)にワックスを

    拭き取ってください。

    ワックスは水に溶けず固まってしまうので、水洗いはできません。

   カメリアの彫り方は動画をごらんください。

   ※オイリーでツルツルするキャンドルなので、ティッシュの上などに

     のせて持つと彫りやすいです。

     上の動画の3:00〜からです。

<スポンサードリンク>

  

     ↑右側の、薄緑と薄青とピンクのキャンドルがサラダ油で作った

  キャンドルです。

  少しくすんだナチュラルカラーになります。

 彫ったキャンドルや削りカスを溶かして固めることもできますが、加熱を

 繰り返すうちに、すこし固くなってくる気がします。

 サラダ油と油凝固剤を少しを足して、固め直してください。。

   

 このキャンドルの燃焼時間は約5時間です。火を灯している間は、そばを

 離れないようにしてください。

  <スポンサードリンク>