キャンドルカービング   



 身近な材料で簡単に作ることができるカービングキャンドルの

 作り方2種類と、カメリアの花の彫り方をご紹介します。

 キャンドルを作るときの注意点を下にまとめました。


    

カメリアのキャンドル

(パステルカラー)

カメリアのキャンドル

(ナチュラルカラー)

 

 キャンドルカービングの注意点

 溶かしたワックス(ロウ)はとても熱いので、やけどに注意してください。

  服やカーペットなどに付けるとロウはとても取りづらいので垂らさない

  ようにご注意ください。

 使った後の用具は水洗いしないでください。

  ワックスは冷えて固まり、水に溶けません。

  余ったワックスを水道には絶対流さないでください。 

  固まってしまったら、道具を温めてワックスを溶かして拭き取るか、

  紙コップなど使い捨ての道具を使ってください。 

ワックスを溶かす際、直火で加熱しないでください。

  ワックスは油と同じで高温になりすぎると発火します。

  ホットプレートを使うか湯煎にし、中低温でワックスを溶かしてください。

  キャンドルをカービングする際、カービングナイフは食べ物用とは

  別に用意するほうがおすすめです。

  キャンドルを灯すときは、そばを離れないようにし、お子様や

  ペットにご注意ください。

  

        
  

 <スポンサードリンク>